復縁の方法

同棲を解消しても復縁するために必要な4つのこととは!?

2017/09/23

同棲 解消 復縁

恋人同士のお付き合いから一歩進んだ関係、それが同棲です。生活を共にすることでよりお互いのことを理解することができ、深い絆が生まれていきます。

しかし、同棲中に恋愛関係が悪くなり、別れを選ぶカップルも少なくありません。このまま同棲を解消して別れたままになるのは嫌だ!復縁を・・・と思ったとき、大切なポイントとなる4つのことをまとめてみました。最後まで目を通して、心の悩みを少しでも軽くしましょう。




1. 同棲の良いところ、悪いところを考えてみる

恋人同士が一緒に暮らすこと、それが同棲です。同棲にはたくさんの良いところがあります。疲れて帰って来ても誰かがいてくれる、つらい時に一人ではない、また、自然体の自分を見せた上で好きな人が傍にいてくれる付き合いができる、などです。

反対に悪いところを挙げてみると、相手のマイナス部分が目につく、自由時間が減ってしまう、ケンカをしても一緒にいなければならない、女性側からすると家政婦のような立場になったようで嫌な思いをする、などがあります。

同棲を解消しても復縁したい・・・と悩むならば、まずは自分の同棲生活を振り返って、良いところ、悪いところに関してどうだったかを考えてみましょう。相手に対して良い部分が多かったのか、自分はどう感じていたのか。その上で、一緒に暮らしたいと思った時と今現在の二人の気持ちの変化を冷静に見つめ直す必要があるでしょう。

2. 同棲がうまく行かなかった理由を突き詰めてみる

恋愛関係がうまく行かなくなる理由はカップルの数だけさまざまあります。生活を共にし、お互いの素顔をさらけ出した同棲において、何が原因で恋愛感情が変わってしまったかを突き詰めて考えていきましょう。

同棲を解消するにも復縁を試みるにも、関係が悪化した本当の理由を知ることが不可欠だといえます。同棲を解消するカップルが挙げる理由で多いのは、一緒に暮らすことで関係がマンネリ化してしまった、というものです。他にも結婚話で揉めた、自分の時間が欲しいから、相手の生活態度が気になる、金銭トラブルで関係が悪化した、というケースもあるようです。

同棲を解消しても復縁を、と願うならば、ここで気を付けなければいけないのは相手の口にする「理由」が本当かどうかを見きわめることでしょう。関係がマンネリして新鮮さがないから、という理由の影に新しい女性の存在があることも有り得ます。

3. 同棲を解消する時はく復縁のため「快く」

男女としての関係は破綻していても、いざ同棲を解消するとなると気が進まないものです。ここで終わらせると本当にダメになったことを受け入れてしまう・・・と躊躇する人も多いようです。しかし、結論を引き伸ばしても良い展開は望めない、と肝に銘じましょう。

同棲を解消しても、いずれは復縁を・・・と願うならば思い切って快く同棲を解消してみましょう。荷物の整理などはつらい作業ですが、努めて心を込めてやるべきだと言えます。分けやすい衣類や所持品などはお互いにすぐにまとめられますが、二人で購入した物などはどちらが使っていくかを話し合って決めた方が良いでしょう。買い溜めしていた消耗品などは「良ければあなたが使って」などと相手を思いやる態度も大切です。

最後の最後で相手にぶつけたい気持ちや、すがりたい感情もあるかも知れませんが、ここぞとばかりに部屋を奇麗に掃除した上でさらりと別れを告げましょう。その際にどうしても気持ちが高ぶったら言葉ではなく黙って涙を流すなど、静かな態度で感情を表した方があなたの最後の印象が上がると思われます。

4. 同棲を解消したら復縁はあり得ない、と悲観しない

一緒に暮らすことを選んだということは、ある意味、結婚を意識することでもあります。その同棲を解消したのだから復縁はあり得ない・・・と悲観的になりすぎないことも大切です。一緒に居ることが自然だった相手がいなくなる、その寂しさは格別なものです。

同棲を解消してから、相手の良さに気付いた、やっぱり傍に居て欲しいと思った、という人は少なくありません。同棲を解消したカップルが復縁した場合、かなりの確率で結婚に結びついているという統計もあるほどです。

一旦、離れることで相手への感情や思いを冷静に見つめ直し、やっぱりこの人でなければ、と思えるならば、あまり間をおかずに相手へその気持ちを伝えてみることも一つの手です。生活を共にした同士ですから、お互いに戻りたいという気持ちが少しでもあれば、復縁はわりと早いとも言えます。

おわりに

男女が生活を共にする同棲。そこから結婚まで結び付くまでに同棲の解消を経験することも十分あり得ることです。同棲を解消した上での復縁は簡単ではありませんが、100%無理なことでもありません。離れることで相手を惜しい、恋しいと思えるかどうか、そして離れることになった理由とお互いがどれだけ真剣に向き合えるかがポイントだと言えるでしょう。

一緒に暮らすには生理的に相手を受け付けない、一旦別れたのだから絶対無理、というケースも無くはありませんが、ある程度の覚悟を決めて復縁のため新しい一歩を進んでみる価値はあると思われます。思い切って進んでみましょう。健闘を祈ります!


-復縁の方法