復縁の方法

復縁するためのいい別れ方~6つの注意点とは!?

2017/09/23

いい別れ方 復縁

彼氏に別れを切り出されそう、微妙な雰囲気に耐えられずに自分から終わらせようか迷っている。そんなモヤモヤを抱えた毎日を送っていませんか?まだ好きな気持ちが残っている、たとえ別れたとしても復縁したい・・・。

そんな時、感情のままに行動してしまっては後で後悔することになりかねません。そこで復縁につながるいい別れ方について6つの注意点をまとめてみました。全部読み終えたとき、何かのきっかけになるかもしれません。




1. 決定的な話は顔を見て話をする

重たい内容の話はしにくいものです。メールやLINEで相手の気持ちを推し量ろうとするあまり、もう別れようか?などと軽く言ってしまうこともあるでしょう。しかしそこで決定的な話が終わってしまうと、納得がいかない結果になってしまう可能性があります。

言いたくないことを言う、または相手から聞きたくない話をされるときこそ、きちんと会って顔を見て会話をしましょう。復縁につながるようないい別れ方をするにはお互いの心の中に相手の良い思い出が残り、別れ際を友好的なものにして今後に活かせるようにしておくことが大切です。

2. 復縁につながるいい別れ方!最後の印象はベストに

恋人同士として会うのはこれが最後。そんなとき、彼の目にどんな女性として映りたいでしょうか。彼のほうから別れを切り出されると思う場合でも、デート以上に自分が良く見えるよう装いや会う場所、そのときの態度などに気をつけましょう。

男性が別れた相手に復縁したいと思う瞬間、それは手放して惜しかったと感じるときだと言われています。最後の印象が良ければ良いほど、あなたのことが深く長く心に残ります。つきあっていた頃を思い出したり、別れを後悔することもあるでしょう。たとえ二人の雰囲気が冷え切っていたとしても最後を演出して損はありません。

3. いい別れ方にするために感情は抑えること

別れ際というものは気持ちが溢れ出てしまうものです。いろんな感情が湧き出て全部を彼にぶつけたくなることもあるでしょう。しかし、ヒステリックになって感情的にもめてしまった場合、いずれ復縁を望んだときに彼の反応はどうなるでしょうか?

決してしないほう良い態度、それは責めない、泣かない、すがらない、の3つです。女性の涙に動かされる場合も無いとは言えませんが、多くはウンザリ感だけを残してしまうでしょう。復縁につながるいい別れ方をするためには感情はできるだけ穏やかに表現して、言葉は選んで使いましょう。

4. 復縁につなげるいい別れ方~理由はしっかり把握する

穏やかなあなたを前に彼のほうも優しい態度になってくるでしょう。そこで重要なのが、別れの理由をはっきり聞くことになります。彼もあなたを責めずに「きらいになったわけではない」、「仕事に集中したい」など、曖昧な理由を言うかもしれません。

そんな理由であれば落ち着いたら復縁できるかも、と勝手に思い込まずに、どうして別れたいのか自分が納得できるまで聞いてみましょう。自分が悪い、という態度で話す相手ほど新しい女性の存在を隠していたり、本当の別れの理由を正直に語っていない可能性があることを忘れずにいてください。

5. 表面上の言葉にこだわらないこと

いい別れ方をしていつか復縁を・・・と少しでも思うならば、別れの原因を知って解決の努力が必要です。しかし理由を聞くため話をするうちに、はっきりしない彼の言い方に苛立ってつい言い争いになってしまっては、雰囲気が最悪なものになってしまいます。

男性は自分に利益のないことは口にしない、とも言われています。本当の気持ちを正直に話すと相手が怒ったり泣いたりして自分が不快になることを恐れたり、小さなことの積み重ねで言葉にできないこともあるかもしれない、と心に留めておきましょう。

6. 別れるときの相手の気持ちを考えて会話する

いざ相手から別れを切り出されとき、誰でも平静ではいられなくなります。別れを言いだしたのが男性であれば特に、できれば悪者になりたくない、最後までいい人でありたい、と思うことが多いようです。感情的になられると面倒だ、と思っているかもしれません。

別れを告げられたほうにしてみれば悪者になりたくないなど奇麗ごとだ、と不愉快でしょう。しかし、復縁につながるいい別れ方をするためには、そこをぐっと堪えてあなたは悪くないのは分かっている、と態度で示し、話をしっかり聞き出すことが必要でしょう。必ずどこかに本音が隠されているはずです。

おわりに

いかがだったでしょうか?恋愛関係の終わりはつらいものです。彼を責めてしまいたい、いい別れ方なんてできない!と思うこともあるでしょう。けれども、いつか復縁をと考えるならば別れ方は今後の二人の関係に重要なポイントになります。

どんな場合でも、復縁するには別れの原因を追及して、それにあわせたアプローチが必要です。これからもずっと一緒にいたい相手だと思っていたのかどうかを真剣に考えて、その上で復縁につながるいい別れ方をがんばってみてはどうでしょうか?


-復縁の方法