復縁の方法

復縁までの期間と可能性~よりを戻すための4つのことをお教えします!

2017/09/23

復縁 期間 可能性

愛し合った二人が迎える破局という別れ。もうこれですべてが終わりだ、と思ってはいませんか?どんな別れであっても、もう一度戻りたいと思うことは少なくありません。

今回は、復縁までの期間とその可能性について、二人の関係を戻すために必要な4つのことについてまとめてみました。全部目を通して新しい一歩を踏み出してみませんか?




1. 復縁までの期間~早くよりが戻る可能性を考える

一般的に別れたカップルでよりが戻るのにかかる時間としては、3か月から半年が多いと言われています。別れに際しての状況、二人の関係をしっかりと思い返して、自分の場合はどうなのかを考えてみましょう。

まず、別れの原因が明確であること、そしてそれについてお互いに解決法までわかっている場合、よりが戻るのに時間がかからないと言われています。ちょっとした感情的なケンカ、遠距離でのすれ違いによる気持ちの変化など、理由も対策もはっきりしている場合、あとは二人の気持ちの問題だけとなるので、どちらかが歩み寄れば復縁までの期間は短い可能性が高くなるでしょう。

また、別れの際、感情的に揉めていない、その後もメール、ラインでの連絡が取れていることも重要です。つき合っていた時にどれほど楽しく過ごせたとしても、最後の最後で相手を批判し過ぎたり、泣いたり喚いたりの修羅場を迎えてしまっては、お互いの気持ちが落ち着くまでにかなりの時間を要するので、復縁までの期間は長くかかる可能性が高いでしょう。

2. 復縁までの期間~長くなる可能性があるか見極める

復縁までにかかった期間で長い人では数年かかったというケースも無くはありません。時間をかけてじっくり取り組めなければならない状況とはどんなものでしょうか?早く復縁したい!期間をおかずに戻れる可能性は?と焦るあまりに急ぎすぎないためにも、時間がかかるパターンも知っておく必要があります。

一番時間がかかるケースとしては、別れの原因がはっきりしていない、というものが挙げられます。原因が分からない以上、相手と歩みよることができませんし、恋人同士に戻るにはハードルが高いと言えるでしょう。

また、別れに関して自分自身の落ち込みがひどく、行動力がない場合も復縁までの期間が長くなる可能性が高いと言えます。別れに際してひどく揉めた、その後もしつこく連絡を入れたりと相手を追い詰めて、相手と連絡すら取れない状態になっている場合には、復縁すること自体がかなり困難だと言えるでしょう。

3. つき合いの長さから復縁までの道のりの考える

長くつき合った場合と、短いつき合いだった場合、カップルのつき合った期間の長さは復縁するのに関係はあるでしょうか?結論から言えば、つき合った期間だけでは復縁の可能性は測れません。しかし、どちらの場合もつき合いの長さを活かした復縁までの道のりがあると言えるでしょう。

つき合いの長いカップルの場合、二人の思い出が多く、お互いに対する理解が深いので、よりが戻ると一気に結婚まで至ることが多いと言われています。その反面、長い時間一緒にいるだけに、とことん嫌になってしまう「つみ重ね」が出来てしまうと簡単には覆せない気持ちの問題が生じることがあります。どちらにしても、良いにつけ悪いにつけ、相手への思い入れの深さが、復縁までの期間と可能性に影響してくるでしょう。

つき合いの短いカップルの場合、お互いに対するフレッシュさが残っており、新しい一面をアピールしやすいと言えます。その反面、お互いを深く知っているとは言えないので、失ってもショックが軽く、すぐ次の人を、と気持ちを切り替えやすいことがあるでしょう。お互いの傷が浅い場合、ちょっとしたきっかけでよりが戻ってしまうこともあるので、復縁までの期間は短い可能性も0ではないでしょう。

4. 冷却期間の長さについて冷静に判断する

復縁に至るには、相手との関係をリセットする冷却期間が不可欠だと言われています。どれくらいの時間を置けば二人の関係が好転するか決まりはありませんが、復縁までの期間と可能性に影響があるので、その長さについて冷静に判断をする必要があるでしょう。

冷却期間の長さは相手からの印象の悪さに比例して長くなると言われています。別れ際やつき合っていた間の悪いイメージが良い思い出となるまで、関係を断って気持ちの整理をすることが大切です。相手から自分はどう思われているのかをしっかりと考えましょう。

冷却期間の目安としては、感情的なケンカ別れ、遠距離による自然消滅などでは1ヶ月など、短い期間でお互いの気持ちが残っているうちのアプローチがお薦めです。つき合いが長く、マンネリして気持ちが冷めた場合などは3か月程度を置いて、お互いの感情を一度リセットしたほうが良いでしょう。つき合いの長さに関わらず、別れ際に感情的にかなり揉めたり、お互いを批判し合ってしまった場合は半年以上の長い時間をかけて、心のモヤモヤが落ち着くのを待つことが必要があるでしょう。

おわりに

復縁までの期間とその可能性には正解はありません。相手との関係を見直しながら、どれだけ冷静に状況を判断しアプローチできるかがカギだと言えるでしょう。

一つだけ確かなのは、戻りたい、彼の心を取り戻したい、という情熱は大切ですが、それだけでは何も始まらない、また状況は開けて来ないということです。復縁までの期間をなるべく短くし、その可能性を高めるには、気持ちだけではどうにもならない、ということを受け入れることも必要なのかも知れません。あなたの恋愛成就を心から祈っています。


-復縁の方法