復縁の方法

復縁から再婚につなげるために必要な6つのこと!

2017/09/23

復縁 再婚

結婚相手と上手くいかずに離婚に至るのは、昨今では珍しい話ではなくなりました。けれども離婚によって人生が開けた!と輝く人ばかりではないようです。別れてしまったけれど復縁したい、できれば再婚を望んでいるけれど、どうしたら良いのかわからない。そんなお悩みを抱えてはいませんか?

実は離婚相手との復縁、再婚を望む人は意外と多いと言われています。そんなときに考えるべきポイントをまとめてみました。全部読み終えたとき、きっと新しい一歩を踏み出せるはずです。




1. 復縁から再婚につながりやすい状況かどうか

まずは今の状況を確認してみましょう。離婚した相手との関係はどのような感じでしょうか?相手との連絡がスムーズに取れる、子供の行き来があったり家族ぐるみでの交流が定期的にある、などの場合は比較的、復縁につなげやすい関係であるといえます。

逆に、離婚に関して金銭トラブルなどいろいろと問題があり、まだ解決していない、連絡もなかなか取れない、などの場合は復縁につなげるのが難しい状況だといえるでしょう。復縁、再婚を望むならば、現在の自分の置かれた状況を冷静に見つめて、そこからどうアプローチするかを考える必要があります。

2. 相手に関する情報をくわしく知ること

一度は生活を共にした結婚相手ですが、離婚してしまえば行動が自由な他人です。復縁、そして再婚を、といくら望んでも相手に新しい交際相手がいては、話は進みません。また、相手が離婚後の生活についてどう思っているのかも重要なポイントになります。

離婚したことによって結婚していたときに抱えていたトラブルが解決している、今の生活を快適に思っていて不満がない、などの場合は、相手にしてみれば復縁も再婚も不必要な事柄になってしまうでしょう。そんな状態からまた復縁をと思ってもらえるにはどうしたら良いか、何ができるのかを考えてみてください。

3. 離婚の原因と、それに対する気持ちの整理

今でこそ復縁、そして再婚したいと思っているかもしれませんが、そもそもの離婚の原因は何だったのか、それに対して今はどう思っているのかをじっくり思い返してみましょう。相手、または自分の一時的な浮気、金銭トラブルなどにより短期間で決まった離婚なのか、それとも性格の不一致などで長期間の協議をしたのか、離婚もいろいろあります。

どんな理由であるにしろ、気持ちの整理がついていないことには新しい展開に進むための本当の勇気が湧いてきません。離婚原因を徹底的に分析し、二度と繰り返さないために自分を変えていく覚悟が必要になるでしょう。

4. 復縁、再婚まで頑張っていけるエネルギーはあるか

結婚よりはるかにエネルギーを要するのが離婚だと言われています。精神的、肉体的にも疲れ果てストレスもあったでしょう。そこからまた復縁、再婚となればさらなるダメージ、ストレスに耐える覚悟が必要になってくるかもしれません。

離婚に対してまだまだマイナスイメージがある中で、さらに同じ相手との復縁、再婚です。最初の時と違い、祝福してくれる人は誰もいないくらいの気持ちでいたほうがいいでしょう。周囲の目や意見に対応することも考えてみてください。実際に親や親戚など思い浮かべて、そのいろんなことを乗り越えてでも、と思えるかどうかも重要です。

5. 子どもの気持ちをおろそかにしない

離婚した相手と復縁、再婚をと考えたとき、もし子どもがいる場合は子どもの気持ちもしっかりと確認して考えていきましょう。古い言い方ですが、子はかすがい、という言葉があります。子どもだけを拠り所にするのは夫婦として褒められたことではありませんが、実際に、離婚した相手との復縁、再婚のきっかけが子どもであったというケースは少なくありません。

子どもがお父さんと一緒に暮らしたい、と言った。もっとパパに会いたいと望んだ、などの場合はそれが良いきっかけになることもあるでしょう。反対に絶対に嫌だ、もう一緒には生活したくない、などと言う場合は、その理由をしっかりと聞いて一緒に考えていくことが大切です。

6. 人の気持ちは情熱では変えられないと覚悟する

離婚した相手との復縁、再婚は最終的には相手の気持ち次第です。相手があなたに対してどう気持ちの整理をつけているかにかかっているのです。そしてそれは、どんなに情熱を持って説得しても簡単に変えられるものではないことを受け入れる必要があります。

相手との関係において、たとえば離婚後の冷却期間一つをとっても、相手の気持ち次第、反応次第でどう行動すればいいのかが変わってくると思います。人間の心を動かすのは言葉に載せた情熱ではなく、行動で示すことのほうが多いと言われています。こんなに訴えているのに、と思い込まずに、自分がどう変わったか、これからどう変われるのかを行動で示せるような努力が必要かもしれません。

おわりに

いかがだったでしょうか?離婚した相手との復縁、再婚には相当な覚悟が必要です。同じ相手で二度めとなると、周囲の理解を得ることもかなり難しい場合もあるでしょう。今度は一生添い遂げるつもりで何度も考えて、今度もダメならまた離婚しよう、などの気持ちは捨てたほうがいいでしょう。

最初にも書いたとおり、離婚した相手との復縁、再婚は決して少ないケースではないようです。簡単な道ではないかも知れませんが、いろんなことを乗り越えて復縁、再婚をめざす勇気を持ってみましょう。


-復縁の方法