復縁の方法

復縁には沈黙が必要~そのポイントは6つ!

2017/09/23

復縁 沈黙

いろんな理由があって別れてしまった恋人と復縁したいと思ったとき、あなたはすぐに連絡を取ったりアプローチしますか?一般的には復縁には沈黙が必要であり、一定期間の冷却期間をおいて新しい展開に進んだほうが良いと言われています。

まだ気持ちが残っている相手に対して沈黙を守ることは、ときに苦しいものでもあります。そこで今回は、復縁に必要な沈黙について、そのポイントを6つにまとめてみました。全部目を通してみて、今の自分自身を見つめ直してみませんか?




1. 沈黙の目的を理解しておく

復縁したい相手に沈黙を守ることの目的はいろいろあります。まずは別れ際に感情的になって揉めてしまった、しつこくしてしまったなどの場合は、もう感情的に責められないという安心感がもたらされ、時間が経つごとにあなたに対するネガティブなイメージを消していくことになります。

そこまでの悪印象を残していないけど・・・という場合は、沈黙を守ることによって、あなたに対して、もう自分のものではない、手に入りそうでも入らない相手なのだという意識を作ってくれます。どちらにしても、復縁につなげるためには、彼があなたへの気持ちの整理をつけるための時間が必要です。

2. やるなら徹底的にする気持ちをもつこと

沈黙は復縁になくてはならないステップだとも言われています。沈黙とは、相手から見て自分の近況がわからない状態のことで、極端に言うと生きているのかどうかもわからないくらいの状況を作っていく気持ちを持ってみてください。

相手への連絡をやめることはもちろん、SNSの更新や他の人へのコメントも控えて、何かを発信することをやめてみましょう。物理的に引っ越し、転職をすることを視野に入れても良いでしょう。相手が、どうしたのかな?どうしているのかな・・・と思い始めるようにすることが大切です。

3. 相手を変えるための沈黙にしない

復縁のための沈黙とはいえ、連絡や消息を絶つのは相手の気持ちを変えるためだけではありません。まわりとの交流を控えている静かな時間の中で、自分は恋人とどういうつき合いをしたいタイプなのか、自分の恋愛傾向をじっくり考えてみましょう。

たとえば、もっと連絡をまめに取り合ったり、毎日会いたかったなど、自分の本当の望みや不満を見つめ直してみましょう。その上で、どうしたら自分は幸せなのかを見つけるための時間にしてください。そして不満を相手にぶつけるばかりではなく、連絡が少なくても幸せに感じることはできないかなど、いろんな面から考えてみることも必要です。

4. 復縁につながる沈黙~自分を変えるスキルアップ

一人でいるとつい相手のことばかり頭に浮かんでしまうものです。そかしそこで思い出や不安な気持ちにおぼれてしまうのは時間がもったいないと思ったほうがいいかもしれません。それよりも、別れてしまった原因をしっかり思い返して確認してみましょう。

自分にも悪いところがあった、と少しでも思えるならば、思い切って自分を変えるためスキルアップの努力を始めてみましょう。内面、外見を見直し、相手を忘れてしまうくらいに自分磨きに取り組んでみませんか。ただし、自分らしさを無くしてまでの努力は無理がたたってしまうことを忘れずにいてください。

5. 復縁のため沈黙しないほうがいい場合もある

復縁には沈黙が必要ではありますが、例外的にあまり冷却期間を置かないほうが効果的に復縁までのアプローチができる場合もあります。たとえば、軽いケンカ別れだったり、自分から別れを切り出した、その際、相手があきらかに未練があり悲しんでいた、などの場合です。

遠距離恋愛でうまく行かなかったり、仕事などの多忙ですれ違いが続いた、などの場合も冷却期間をしっかりおいたり、徹底的に沈黙を守らないほうが良いことが多いようです。少しの間をおいて相手の気持ちがつき合っていたときと変わり過ぎないうちに、近づいていくほうが良いでしょう。

6. 復縁のため沈黙を守るなら時間をかける勇気をもつ

人の記憶から負のイメージが消えるのにかかる時間は3か月から半年以上と言われています。連絡を取りたい、会いたいと思っているほうに取っては長い時間でも、別れた相手にとっては違う感覚の時間の流れがあることを忘れずにいたほうが良いでしょう。

どれだけ時間を置いたから相手の気持ちが落ち着いて整理され、復縁につながるという決まりはありません。けれども、ある程度の長い時間を置く必要があるのだ、という覚悟を持って沈黙する必要はあるでしょう。あとはその時間をどう過ごすのかにかかってきます。また、沈黙によってまわりの他の友人などに心配をかけたりすることもあり得ますので、やり方や程度は注意しながら取り組んでください。

おわりに

別れた恋人が相手と戻りたい、復縁したいと思う瞬間は、相手を手放して惜しかった、と思うときだと言われています。復縁のため沈黙を守り、その間に自分と向き合ってみましょう。その上で、別れる前の自分と、いま目の前にいる新しい自分を比べてもらう機会を作ることができたら復縁への大きな一歩といえるでしょう。

人は自分を大切にすることで、相手を大切にできるとも言われています。復縁のための沈黙を自分のための時間にすることで新しいチャンスをつかんでください。


-復縁の方法