復縁の方法

復縁のきっかけは誕生日!そのとっておきの方法とは!?

2017/09/23

復縁 誕生日

別れた恋人と復縁したいけれどきっかけが無い……と悩んでいる方、誕生日に勇気を出してみませんか?とは言っても、いきなり復縁を迫ったりしても、相手に引かれてしまうだけです。

では、どんな風にすれば良いのか?特に難しい小細工をする事無く、自然に復縁へと近付ける、誕生日のとっておきを紹介します。ここでは、連絡先は知っているけれど別れてからは交流が無い、というパターンをイメージした方法を書いています。




1. 誕生日がお勧めの理由

誕生日は、その人にとって1年に1度だけの特別な日です。そんな特別な日に「おめでとう」と言われて、不愉快になる人はまずいません。別れた恋人からであってもそれは同じです。

余程、険悪な別れ方をしていなければ、誕生日を覚えてくれていた事、わざわざお祝いの言葉をくれた事に、素直に嬉しいと思うはずです。

しかし、いきなり会いに行ったり電話でお祝いの言葉を贈るというのは、逆に相手に警戒心を抱かせてしまうのでお勧め出来ません。手軽に伝えられて、相手も返事をしやすい、メールやSNS、メッセージアプリ等を使うのが良いでしょう。

送る時間帯は、相手仕事が休みの日ならお昼過ぎ、平日なら夜7時前後がお勧めです。というのも、誕生日を誰かと過ごしている場合、一緒に居る可能性が高い時間だからです。確かに、一緒に過ごす人が居れば、その時間帯にメールが送られてきても、すぐに返信はしないでしょう。

しかしそれは、言い換えれば、すぐに返信が来たなら、一緒に過ごす人は居ないという可能性が高くなります。その後も頻繁にやり取りが続いていれば、新しい恋人の存在は無いと思っても良いでしょう。

勿論すぐに復縁出来る、という事でも無いですが、少なくとも、誕生日にメッセージをくれた相手として、元恋人からの評価は上がっているはずです。焦らずにゆっくり、相手との距離を詰めて行く事が大切です。

2. 伝えるのは「おめでとう」だけ

復縁したいと思っている相手への誕生日メールとなると、送る内容も悩むと悩むと思います。

ですが、ここはシンプルに
「誕生日おめでとう」
だけを伝える事をお勧めします。

例えばですが、いきなり別れた恋人から誕生日にこんなメールが届いたらどうですか?「久し振り!いきなりのメールでごめん!今日誕生日だよね。おめでとう。最近はどう?元気にしてる?私は相変わらずだけど元気にやってるよ。今日、貴方の誕生日だったなぁと、思い出して連絡してみました。返事貰えると嬉しいです」

長くて、何だか面倒くさそうですよね。もしも私だったら返信する事も躊躇ってしまいそうです。

けれど、
「(久し振り) 誕生日おめでとう」※カッコ内の言葉は無くてもいいです※
というメールなら、自然に「ありがとう」と返信してしまうのが人の心理です。例えばこれが手紙だったなら、前者のような内容の方が良いかもしれません。ですが、メール等の手軽なツールは、受け取る側も手軽に返事が出来る内容が理想的なのです。

近況報告等の話は、相手からの返信が来た後から始めれば良いんです。まずは、相手が返事をしやすいように、誕生日を祝う言葉だけを送りましょう。ライン等のメッセージアプリならお祝いの可愛らしいスタンプ等を送っても良いですね。

「おめでとう」と来たなら「ありがとう」と返すという心理が働くのは、他に余計な言葉が入っていないからです。

3. 復縁に近付けるには

相手から返事が来たのならその後は、数往復のやり取りが出来るような内容の返信を心がけましょう。

そこで意識したいのは
・文末は「?」で終わらせる
・自発的な報告は避ける
・長文になりすぎない
という点に気を付ける事です。

まず、文末を「?」で終わらせるという事ですが、要は質問で締めれば良いんです。そしてその質問も、すぐに返事が出来るような内容が理想的です。

特に、「誕生日おめでとう」→「ありがとう」の後に返す内容なら、シンプルで返しやすい「?」にしなければ、復縁どころかやり取りがそこで終わってしまう可能性もあります。

理想的な質問といっても様々ですが、例えば
「何歳になったんだっけ?」
「今日は仕事休み?」
「ケーキ食べた?」
等、当たり障りの無い質問が良いでしょう。

年齢や仕事は、同い年だったり同じ職場の場合は使えない質問ですが、誕生日に纏わる質問なら自然に聞けると思います。

そして、聞かれた方も答えやすい質問でもあります。逆に、あまり良くない質問ですが
「〇年前(交際していた年)の誕生日覚えてる?」
「私の誕生日覚えてる?」
「今日は誰かにお祝いしてもらったりするの?」
等、交際中の事を思い出させようとしたり、相手の予定を探ろうとするのはNGです。

また、1つの文章に幾つも質問を入れる事も避けた方が良いでしょう。あくまでも、深く考えなくていい返しやすい質問がベストです。

自発的な報告とは、つまりは、聞かれていないのに自分の近況を伝える事は避けましょう。

久し振りのやり取りとなると、近況が気になるのは相手も同じです。ですが、勝手にベラベラと近況を伝えてしまっては、相手のあなたへの興味はそこで止まってしまいます。なので、相手へ質問をする事を意識して、自分の事は聞かれれば答える程度に留めておきましょう。

そして、簡単な質問同様、文の内容もなるべくコンパクトで纏める方が良いです。先程も書きましたが、メールやメッセージアプリは手軽さが魅力です。

特にメッセージアプリは、チャット形式でポンポンとやり取りが出来るという事がポイントです。一言、二言程度の文のやり取りだからポンポンと進むわけで、それが毎回数行になる長文なら、返事だけでなく読む事すら億劫になります。

簡単にいうと、「面倒臭い」と思わせる内容にならないように心がけましょう。気楽にやり取りが出来る事で、復縁に近付けるのです。

4. 誕生日効果は持続します

年に1度しかない誕生日だからこそ、その効果には持続性があります。余程交友関係が広い人ならそうでも無いのかもしれませんが、大人になれば、自分の誕生日を祝ってくれる人の数は限られてきます。

実際にプレゼントを貰ったり、誕生日メッセージを貰ったりと色々でしょうが、自分が貰ったものに見合うお返しを相手の誕生日にしようと思うのは自然な事です。

もう自分の誕生日は過ぎてしまっている、という場合でも、翌年の誕生日に相手から何かアクションがあるという事もあります。

また、誕生日を1人で過ごした人なら、メールであっても、やり取りする相手が居た事を少なからず嬉しく思ったはずです。返信をしたという事は、会話を続けたいという表われでもあります。

誕生日当日に何度かやり取りが出来たなら、その日は最後は相手からの返信で終わらせましょう。そして翌日に、まだ誕生日の余韻の残っていそうな午前中に返事をすると、より効果的です。

ここまで出来れば、毎日~週に1~2度程度のやり取りをする関係に進むのは難しくありません。誕生日効果が薄れてくる頃には、あなたとのメールが定番化しているという形が一番理想的といえます。

おわりに

復縁を願う人にとっては、どんなきっかけでも上手く使いたいですよね。増して相手の誕生日はまたとない好機です。ですが、一番大切なのは「相手の気持ち」です。

「復縁したいから誕生日に連絡する」
という感情は一旦置いて
「大好きな人の誕生日だから祝いたい」
という気持ちに切り替えてみましょう。

そうして自然に出てくる「おめでとう」という言葉が相手に届くことが、一番の復縁への近道だと思います。


-復縁の方法