復縁の方法

振られた彼氏と復縁~忘れてはいけない5つのこと!

2017/09/23

振られた彼氏 復縁

つき合っていた彼氏から別れを切り出され、振られてしまった。そんなとき、あなたならどう思いますか?振られた彼氏と復縁したい!とすぐに思い立てるでしょうか。ショックで立ち直れない、もう終わりだ、相当に嫌われているに違いない、とあきらめてしまう人。または、ひどい、ゆるせない、絶対別れたくないと、怒りに駆られる人。さまざまだと思います。

でもそこでちょっと立ち止まって、振られた彼氏と復縁するために忘れてはいけない5つのことを読んでみませんか?きっと少しは心が落ち着いて、新しい道が見えてくることだと思います。




1. まずは冷却期間をしっかりとること

振られた彼氏と復縁したいと思った時、自分の気持ちを早く相手に伝えたくなるものです。しかしそこで、振られてすぐに「自分が悪かった」、「あきらめきれない」、「悪いところがあるなら謝る、ごめんなさい」などと、必死になってメールや電話をするのはおすすめできません。

別れた直後の男性の心理として「自由になりたい」というものがあります。一方的に別れを切り出された場合など勝手な気持ちに思えるかもしれませんが、感情の押し付けは重い存在だと思われ逆効果でしかないことを覚えておきましょう。

2. 突然の別れなのかどうかを考えてみる

振られた彼氏と復縁するために、つき合っていた二人の関係、雰囲気をよく思い出してみましょう。何となく別れを予感できていたのか、もしくは直前まで自分は楽しくお付き合いしているつもりだった、などいろいろあると思います。自分にとっては突然の別れだと感じられても、相手は深く考えた結果かもしれないことを頭に入れましょう。

振られた彼氏と復縁するには、相手の中に積もり積もったものがあるかどうかをじっくりと考えてみる必要があります。その場合、別れた彼氏の性格なども大きなヒントになるでしょう。

穏やかで優しい人ならば小さな不満やストレスをため込んでいたり、理想が高く、プライドを持った人であれば、自分を相手に認めて欲しいあまりに高圧的な態度に出ることもあります。どちらにしても、このままでいいのか、という気持ちを自分の中で抱えきれなくなったとき、人は別れを決断するものだということを受け入れることが大切です。

3. 振られた彼氏との復縁のため、別れの原因を追及する

振られるには理由があるはずです。振られた彼氏と復縁したい、やり直したいというならば、その原因を追及する必要があるでしょう。自分に悪いところがあると思うならば、改善できるかやってみることが大事です。

その場合、惜しみない努力が必要ですが、本当に改善すべきかどうか、自分自身はどう思うのかもしっかりと考えてみてください。無理をして自分を見失うと良い結果を出せないおそれがあります。そこまでして振られた彼氏と復縁したいか、一度は自分に問いかけたほうが良いでしょう。

残念なことですが、相手が言った別れの理由が100%本当の理由だとは限りません。別れに際して相手を傷つけたくない、感情的にもめたくない、などの気持ちであいまいな理由を言うこともあります。本当の理由を理解して努力しなければ意味がないので、冷静になってしっかり原因を追及していきましょう。

4. 話し合いでは解決しないと肝に銘じること

男性から別れを切り出された女性が口にする言葉で一番多いのは「話し合いをしましょう」というものだと言われています。けれども、人の気持ちは説得では容易に変わるものではありません。

振られた彼氏と復縁したい、そもそも別れを認めたくない、この気持ちを分かって欲しい。話し合いをすれば少しは伝わるはず・・・。振られた側にしてみれば、そう思うのは無理ありませんが、相手にしてみれば、それは「別れを納得してもらうための話し合い」でしかありません。

仮に話し合いをするならば、振られた彼氏と復縁したい気持ちを伝えるのではなく、今までありがとう、好きでしたと、シンプルで心を込めたお礼を伝える場にしたほうが良いでしょう。心情的に苦しいことですが、別れ際の印象を上げたほうが、今後につながると思われます。

5. 自分から振った相手と復縁したいかどうか

別れを告げられてしまった今、振られた彼氏と復縁したい。そんな気持ちでいっぱいかも知れませんが、少し考えてみましょう。もしも自分が別れを切り出したほうであったなら、自分から振った相手と復縁したいと思うでしょうか?

普通なら「思わない」という人が多いかと思います。では、どんな状況ならば自分から別れを決めた相手ともう一度やり直したいと思うかを考えてみてください。かなり難しいことのように思えますが、そこをクリアしない限り、新しい光は見えて来ないでしょう。

振られた彼氏と復縁する道は、片思いからやり直しとも言われています。恋人に戻るのではなく、まずは友達関係になるつもりのアプローチでもいいかもしれません。元恋人、元彼女の立場からスタートできるという考えは一度捨てたほうが良いでしょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。振られた彼氏と復縁したい、と思ったとき、一番大切なのは感情に振り回されず冷静になることだとも言えます。失って初めて気付く相手の良さ、ポッカリと心に穴が空くような感触。別れを告げられたほうが感じている心の痛みを相手も感じることは絶対にない、とは言えません。

自分から振っておいてやっぱり好きだと思ってしまう。そんな風に思ってもらえて振られた彼氏と復縁するために、われとわが身を励ましてがんばってください。


-復縁の方法