復縁の方法

別れてすぐ復縁したい~大切なのはこの6つのことです!

2017/09/23

別れてすぐ復縁

別れてしまった恋人にまだ気持ちが残っている、別れてすぐ復縁したい。そう思う人は少なくありません。そこでお互いに冷静になるための冷却期間を置くのか、それともすぐにも復縁の気持ちを伝えてアプローチするのかは迷うところです。

そこで今回は、別れてすぐ復縁したい!そんなときにチェックすべき6つのことについてまとめてみました。全部目を通して今後の自分を考えてみましょう。きっと新しい道が見えてくるはずです。




1. 別れてすぐ復縁したほうがいい場合かどうか

恋愛の終わりにはさまざまなケースがあります。その殆どは、復縁を望むなら一定期間の冷却期間を取ったほうが良いと言われています。しかしまれに、間をおかずにすぐにアプローチしたほうがいい場合もあるようです。たとえば、別れの原因が感情的な一時のことである、表面的なことで軽いケンカが発展して別れ話になった、などの場合です。

相手にも自分にもまだ付き合っていたときの気持ちが強く残っていて、お互いを好きな雰囲気が消えていないうちに復縁の話をするほうが成功する確率は高いと考えられます。また、別れ際に相手に明らかな未練があった、相手はかなり優柔不断な性格である場合なども、早い段階での行動がカギとなるでしょう。

2. 別れてすぐ復縁したいなら別れ際が大事

相手との最後の会話、別れが決定的になった時の自分はどうであったか思い出してみましょう。別れたくない!と泣いてすがった、ひどい!あんたなんかと付き合うんじゃなかった、と捨て台詞を吐いた・・・など、感情を爆発させたりしていませんか?

別れはつらいものです。いろんな感情が一気に噴き出しても無理はありません。しかし、別れてすぐ復縁を考えるならば、相手の中に自分に対するイメージがどう残っているかは大きなポイントになります。今までありがとうと感謝を伝えているなど、イメージが良ければ良いほど、別れたあとも関係が友好であり、後あとまで連絡なども取りやすいと言えるでしょう。

3. 別れたあとの相手の態度に注意する

別れてすぐ復縁したい、と思っているならば、行動に移す前に相手の態度を注意深く考えてみましょう。つき合いは終わっているのに連絡がひんぱんに来る、もしくは友達でいよう、と言われた、などの場合は、相手の中にまだ未練やあなたへの気持ちが残っている可能性があります。

逆にあからさまに避けられている、連絡は取れない、交流もいっさい絶たれている、などの場合は、決定的に嫌になる理由があったり、心底嫌がられているかもしれないことを覚悟する必要があるでしょう。

忘れてはいけないのは、あっさりと友達に戻れた場合は完全に割り切られていることもあるということです。また、完全に避けられている時も、相手があなたを意識しすぎていることもあり得ますので、相手の出方をよく注意して見ておくと良いでしょう。

4. 別れてすぐ復縁したいなら、相手の気持ちを考える

一般的に男性が恋人と別れたあとの心理として一番多いものは、申し訳ない、悪いことをした、という罪悪感だ、と言われています。また、別れを妥当なものとして受けとめていても、別れたのだからどんな距離感で接したら良いのかわからない、気まずい、緊張するという人がほとんどのようです。

別れても恋人気分が抜けない、別れてすぐ復縁したい!と積極的にどんどん近付いてしまうことは、相手の気持ちを追い詰めることになりかねない、ということを忘れないようにしましょう。相手を刺激しすぎず、どう接すれば相手にとって良いのかを考えてください。そこからどうアプローチしていくかを見極めていきましょう。

5. 自分から振った場合の気持ちの持ちよう

別れてすぐ復縁したい、と思う女性の中には、自分から相手に別れを切り出した、自分から振って恋愛関係を終わらせた、という人が少なくないようです。自分から告げた別れの場合、相手の男性はまだ自分を好きなままでいるはず、と思ってしまいがちですが、実際のところどうでしょうか?

逆の立場になってみればすぐにわかることですが、別れを切り出された方は、裏切られたような気持ちになり、プライドを傷つけられるものです。そこに冷却期間もなく、まだ気持ちがあるだろう、と決めてかかったアプローチをされては頑なな拒否につながってしまいます。

自分から振った場合は、別れてすぐ復縁は諦めたほうが良いかもしれません。ただし、頻繁に連絡があるなど、相手が復縁を望んでいるのがわかっている場合は、そのかぎりではありません。すぐに復縁のアプローチを始めてください。

6. 別れてすぐ復縁するには素直な態度が大切

別れた相手と復縁するには、別れの原因を追及し改善することが必要です。相手が別れようと決めたきっかけや、嫌だと思っていることを理解し、それは改善できることである、改善していく気がある、ということを伝える必要があるでしょう。

相手が考えていることを本当にわかりたいと思って考えてみる、そしてわからないうちは、やみくもに謝ったりアプローチをしては逆効果だと心に言い聞かせてください。最終的には、やり直したい、そのために自分を変えていくつもりである、ということを率直に根気強く伝えるしかありません。その際には相手を説得する!というよりは素直にまっすぐに気持ちを伝える姿勢でいることが大切です。

おわりに

いかがだったでしょうか。別れてすぐ復縁したい、と思うあまりに気持ちが先走ったアプローチを頑張り過ぎては効果がありません。また、恋愛の終わりには必ず原因があるもので復縁に向けての努力は必要ですが、反省はしても後悔はしすぎないことも大切です。

どうしても終わらせたくない関係であるならば、いろんな可能性を考え抜いたあとで思い切った一歩を踏み出してはどうでしょうか。


-復縁の方法